So-net無料ブログ作成
検索選択
コンサート ブログトップ

なんと申しましょうか [コンサート]

今日は時間が空いたので、JFC作曲賞本選会をトッパンホールに見に行って来た。

要するに現代音楽コンクール

一度こういうコンクールがどんな感じで行われているのか、覗いてみたかった。

17時開演の30分前に着いたら客席はガラガラ。
どうにか開演には三分の一くらいが埋まった感じ。

客層は若者(音大作曲科の学生風と現音オタク風)と老人(入選者の親御さん風と所謂大先生風)が半々という感じ。

35才以下対象の若い作曲家の為のコンクールという事もあってか、見事に中間の働き盛りの世代がいない。

生産的な雰囲気が漂う。

どう見たって採算は合っていない。

当然のごとく文化庁もかんでいるのだが、事業仕分けで「お客さんが来ないのにやる意味があるんですか?」と言われてしまいそうな雰囲気。


しかし、入賞者の皆さんの作品は緻密でエネルギーに溢れていました。
審査員の近藤譲氏のコメントも、「なるほどそういう聴き方をするんだ」と思わせる興味深いものでした。


なんだかんだ言いつつ、非生産的具合では負けてないボクは、けっこう楽しんだのでありました。


恐らく他の人から見たら、ボクは現音オタク風(若くは無いけれど)に分類されるのであろう。

明日は何故かクラウス・シュルツだ!!!!


100320_1.JPG







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
コンサート ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。