So-net無料ブログ作成

Vital Transformation もしくは無常という事2 [ビミョー]

メリークルシミマス!!
昨日で、今年の外スタジオでの仕事は終わり(のはず)。あとは、自宅スタジオでのアレンジと録ったモノのエディット作業。
どこで仕事納めにするかは自分次第という感じ。

取り敢えず、観ようと思っていた映画「永遠の僕たち」を観た。



人の葬儀を覗き見る少年と、余命3ヶ月の少女、普通に表れる幽霊。
この予告編で見たくなった。
テーマが「死」だと取り敢えず見たくなる。
ま、全ての表現は死とどう向き合うのか(笑い飛ばすのか、真摯にうけとめるのか、みたいに)だと言う事も出来る。

軽いタッチの良い映画だと思うが、ちょっと単純すぎたか?
音楽はDanny Elfmann。やはり軽いタッチの音楽。監督のGus Van Santとの共作が多いせいなのかな?
最後にエンドロールのスペシャルサンクスにBill Frisellの名前があったけど、ギタリストのBill Frisellの事なのか?

予告編でやっていた「ミラノ、愛に生きる」が観たい。
「Viscontiを彷彿させる映像美」「音楽John Adams」
という事だけで観たいのだが。



しかし、今年は強力な変化の年だった。
災害に遭われた方々は本当に大変だったと思います。

身近なところでも、一緒にHell?というバンドをやっている弦一徹は山梨に移住、立花泰彦は北海道に行って自然農法を始めた。
3人バンドの2人が東京を離れた。
僕だけが東京で何も変わらず(勿論、外的な変化はあるけど)ノホホンと(という事は無いが)している訳だ。
危機意識の無い単なるバカなのか?
親しい友人の作曲家UH氏もシンガポールに移住を決めた。

僕も、こんなクソ日本にはとっくに見切りは付けているのだが。。。

111225_1.JPG

111225_2.JPG

111225_3.JPG


Mahavishnu Orchestraの「Vital Transformation」(激しい変化?)の弦楽カルテットの編曲バージョン。編曲も演奏も素晴らしい!!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。