So-net無料ブログ作成

The Edge of Intelligence [音楽]

昨日はちょこっとレコーディングに出かけて、帰ってからは延々とソフトのインストールに時間を費やしてしまった。
という事なので、昨日の音楽制作会社のPのIKさんに貰った、菊地成孔氏のラジオ番組『「狂気」ピンクフロイド欠席の、奇人たちの晩餐』を聞きながら作業をした。

このラジオ番組がもの凄く面白かった!
なんたって、選曲が素晴らしい!!
マイルスからサン・ラまでと言うか、藤本敦夫からロクリアン正岡までというか、ザッパからジョン・ケージまでというか、とにかく面白すぎる。
総じて、「狂人」「奇人」にくくられる人たちは全員、もの凄いインテリジェンスを持っているという事だ。
インテリジェンスの先端がループして一般的なインテリジェンスには見えなくなってしまう。
物事、追求すると一見真逆のものになってしまう、みたいな。
現代音楽しかり(理論の追求が限り無くノイズに近くなるみたいな)
ヒップホップのフライングロータスもグルーブを追求するあまり、グリッド感の無い音響系の様なサウンドになってしまうとか、元ディオールのデザイナーのジョン・ガリアーノも解雇されるきっかけになった、差別発言の発端もガリアーノをホームレスだと思っての発言にキレた事だったとか。
それこそ、身近な友人でもそういう人は何人もいる。
とまあ、インテリジェンスも、物事の追求もほどほどじゃ無いと社会性は得られないと言う事か。
拙作「The Edge of Happiness」(知らない人には何それ?って感じでしょうが)はそう意味を込めている(インテリジェンスではなく幸福感ということに焦点を当てているが)

逆の言い方をすれば、なんとか社会の中でやれている自分は、まだまだだと言う事なんだろう。

しかし、サン・ラとジョン・ケージのデュオのアルバムがあるとは知らなかった。
何かで読んだのだが、ピエール・ブーレーズとザッパの即興デュオというのもあって、これはラジオ番組でのみやったらしいのだが、その後、ブーレーズはその音源を出したがらず、自分のプロフィールからも削除したらしい。誰か持ってたらぜひ聞いてみたいものだ。

サン・ラが生きていたら、是非、中川俊郎氏とデュオをやって貰いたかった。



中川氏も勿論、素晴らしいインテリジェンスの持ち主であり、音楽や音楽家への愛情を持った、素晴らしい人である。
数年前に一緒にやったインプロライブは素晴らしい体験でした。

そして、今度の日曜日は渋谷dressでライブです。
ヨロピク!!

12月11日(日)18:30開場20:00開演 チャージ¥3500
member
Petit Soile(プチ・ソワレ)are
橋本一子(vo pf)
橋本眞由己(vo)
加藤みちあき(vo gtr)
http://www.dress-2f.com/live/index.html

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。